食事で下げる方法|血圧安定術を知れば病気知らず

笑顔

健康に過ごそう

笑顔

抑えたいポイント

高血圧は、おもにストレス、食事や運動不足が原因となることが多く、遺伝に加えて生活習慣が重要です。日本人は40歳になると2人に1人は高血圧であるといわれ、日本人の国民病とも言えます。高血圧を下げることなくそのままにしておくと、動脈硬化をおこしたり、脳卒中や心臓病につながったりします。このような、いわゆる高血圧の合併症といわれるものが、生命に関わる大きな病気になりかねないため、血圧はできるだけ下げることが重要となります。高血圧自体にはあまり自覚症状が無いので、血圧を下げる努力をせずに放っておく人が多いのですが、今は健康に特に害を及ぼしていなくても、そのままの状態が続くと将来的に重大な結果になりかねない、ということを理解しておくことが重要です。そして、理解を深めた跡には、食生活や生活習慣を見直す必要があります。

工夫できる点

様々な生活習慣に関わる原因が高血圧につながると考えられているため、血圧を下げる対策にも様々なものがあり、様々な工夫をすることができます。例えば、摂取する塩の量をコントロールするために、ラーメンの汁は残す、塩分を控え、調味料の使い方を工夫するなど、普段から食事に気をつけることは大切なものです。最近では、病食に対応した食事の宅配サービスもあります。自身で食の管理をすることが難しいという場合には、これらのサービスを利用してもよいでしょう。また、一日30分程度の有酸素運動をすると良いといわれますので、運動の時間を意識的にとるとか、あるいは運動の苦手な人であれば通勤の際の電車を一駅分歩いてみるなどの工夫をすることもできます。その他にも、血圧があがらないようにするためには、ゆっくりと深呼吸することが有効であるという説や、お風呂のお湯をあまり高温にしない、であるとか、できるだけストレスを貯めこまないようにするとか、普段の生活の中で常に意識することで改善できる部分も大いにあります。

健康への取り組みが強い

和食

単純に高齢者が使うのではなく、年齢が関係ない健康宅配と言うのが出て来ると想われます。健康に強い食事は今後も続く傾向であり、手軽に食べる事が出来る面は時間のない人にも有効価値が十分です。種類も豊富なので、飽きが来ないのも大きな特徴となっています。

食事が楽になる

和食

腎臓病食は予防のための食事としても使う事が出来て、時間のない人のために宅配サービスも設けているものです。毎日の食事制限に気を回す必要もなく、美味しい食事を摂りながら、安全面も考慮している食事となっているのです。

食事で病気を改善する

介護

栄養療法とは、糖尿病や腎臓病の人に良く使われる治療法です。栄養バランスを良くすることによって体にある本来の治癒力を高めると言うものです。近年では宅配サービスなども行われており、高齢者などでも利用する人が多いです。